中医学 純中国漢方 健康食品 漢方相談室
 
栄貫堂薬局ホームへ
純中国漢方   中医学

1:太っている人は食べている 11:冷え性は温める 21:腰痛は治らない 31:更年期障害のでやすさは
  わからない
2:胃腸薬で胃腸は良くなる 12:老化現象は治らない 22:のどの痛みにイソ○ン
32:浮腫んだときは利尿剤が
  よい
3:ウコンの嘘ホント 13:精力剤で精力が蘇る 23:耳鼻科で耳鳴りの治療 33:発汗異常(T)
4:お酒の解毒剤について 14:最高級クリームは
  素人には作れない
24:セックスはする、しないを
  コントロールできない
34:発汗異常(U)
5:便秘薬は治療薬 15:出産の適齢期は結婚
  したい時
25:ハゲを予防する食べ物
  はない
35:発汗異常(V)
6:カラ咳に咳止めの薬 16:妊娠と生理の問題は
   ホルモン治療で
26:男性不妊症は治らない  
7:健康回復の為に 17:西洋医学は万能  27:体の栄養状態は治らない  
8:皮膚の赤みは外用剤で 18:風邪に葛根湯が効く 28:漢方薬と新薬を併用
  できない
 
9:抗生物質は万能薬? 19:病人はどんどん減って
   いる
29:糖尿病にはインスリンで
  大丈夫
 
10:疲れたら栄養補給 20:痛みは全て炎症 30:口内炎の原因は
  分からない
 


病人はどんどん減っている

厚生労働省で出している疾患別の患者総数をみるとびっくりする。

一人が何種類かの疾患をもって いるにしても日本全国病人だらけな感はぬぐえないような気がする。
西洋医学では病気の原因を 一応は特定しているにしてもそれを治す手段が極端に乏しい。
最新の技術を駆使しても原因は判っ たが治療手段がないケースが多い。

そこでとりあえず対処療法的であるが、薬が登場してくる。
対処療法はとりあえずの方法で選択されるが中国医学を学んでいる私達からみると
両方の医学を 併用した方がよいのではないかなと思われることが多い。

西洋医学にない中国医学の概念とは どういうものかを簡単に述べさせてもらうと以下のような感じになると思います。

  1. 西洋医学では病名にのっとって薬が決まる。
    が中医医学では同じ病名が付いても体質・原因 により薬が変わる。

  2. 西洋医学では薬をのんでも体が温まったり冷えたりするものはないが中国医学ではある。


  3. 西洋医学では体の回復は自己の治癒力に任せるが
    中国医学では自己回復を後押しして治癒力を 上げていくことが出来る。

  4. 西洋医学では診断学の技術の向上は目覚しいが治療手段が乏しい。中国医学では体に現れる
    症状でどの臓腑が或いはどの位置に病気があるのかを探り治療に結びつけることができる。


  5. 西洋医学では物質を補う手段が少ないが中国医学では物質を補う手段が豊富にある。


  6. 西洋医学では予防をするものがないが中国医学では体質に応じて予防をするものがある。


  7. 西洋医学では人体を部品としてみるために局所の状態を観察して科別に専門が分かれているが
    中国医学では体全体のバランスのひずみを整える方向から病気を治していく考え方をする。

私達は中国医学が絶対だとは思っていませんが、
現実的な視点からみると病院の薬と漢方薬の併用 のケースは多々見られます。

中国医学のよいところだけを言うのも信用できないと思いますのであえて 欠点をいうと
みてもらう人間に非常に左右されやすいという点(個人や店の能力に非常に依存する)、
これは薬をお客様に出す時にどのようなことを考えてどういうつもりで使うのかの説明をきちんとして いる店と
そうでない店を判断することが大切であると私自身は思います。
薬を出す限りは必ず必要な 理由があるからです。




健康食品
中医学
漢方相談室
     
     
     
     
     
     
   

 

  【 栄貫堂薬局お問合わせ先 】  郵便番号 : 184-0011  住所 : 東京都小金井市東町4-42-25 ( JR中央線東小金井駅南口すぐ前 )
営業時間 : 9:00〜20:00  定休日 : 日曜・祝祭日  TEL : 042-381-7026  FAX : 042-384-2195 E-Mail : info@eikandou.com

栄貫堂薬局・清瀬店 お問合わせ先 】
郵便番号 : 204-0022  住所 : 東京都清瀬市松山1-23-10 ( 西武池袋線清瀬駅南口ふれあいどおり商店街 徒歩3分 )
TEL : 0424-93-0424 FAX : 0424-93-9399

 
|  純 中 国 漢 方  |  健 康 食 品  |  中 医 学  |  漢 方 相 談 室  |  会 社 案 内  |  H O M E  |
Copyright(c). 2003 栄貫堂薬局.All rights reserved.presented