中医学 純中国漢方 健康食品 漢方相談室
 
栄貫堂薬局ホームへ
純中国漢方   中医学

1:太っている人は食べている 11:冷え性は温める 21:腰痛は治らない 31:更年期障害のでやすさは
  わからない
2:胃腸薬で胃腸は良くなる 12:老化現象は治らない 22:のどの痛みにイソ○ン
32:浮腫んだときは利尿剤が
  よい
3:ウコンの嘘ホント 13:精力剤で精力が蘇る 23:耳鼻科で耳鳴りの治療 33:発汗異常(T)
4:お酒の解毒剤について 14:最高級クリームは
  素人には作れない
24:セックスはする、しないを
  コントロールできない
34:発汗異常(U)
5:便秘薬は治療薬 15:出産の適齢期は結婚
  したい時
25:ハゲを予防する食べ物
  はない
35:発汗異常(V)
6:カラ咳に咳止めの薬 16:妊娠と生理の問題は
   ホルモン治療で
26:男性不妊症は治らない  
7:健康回復の為に 17:西洋医学は万能  27:体の栄養状態は治らない  
8:皮膚の赤みは外用剤で 18:風邪に葛根湯が効く 28:漢方薬と新薬を併用
  できない
 
9:抗生物質は万能薬? 19:病人はどんどん減って
   いる
29:糖尿病にはインスリンで
  大丈夫
 
10:疲れたら栄養補給 20:痛みは全て炎症 30:口内炎の原因は
  分からない
 


痛みはすべて炎症

薬局に痛みで来店される方はかなり多く、急性のものから慢性のものまで様々です。
一般の方は 痛みと聞くとすぐに炎症と思う人がいますが、私達はそうでもないと考えています。

中国医学では 体に痛みが走る時には「通じざらばすなわち痛む」という言葉があるようになんらかの原因で
局部の組織に血液や経絡などの流れが悪くなった結果として
神経痛、肋間神経痛、腰痛、胃痛、腹痛、 関節痛、頭痛、筋肉痛、生理痛、痔の痛みなどが生じたと考えています。

痛みの場所や性質(炎症 、冷え)によって使うものを変えます。
痛むと言ってもそれぞれ原因が違うということなんですね。

外科が必要な痛みも当然ありますよね。
その際には病院へ行って頂きますが、その他の痛みとして 考えてください。
来店されるお客様で病院で痛み止めを処方されて服用しているが効かない人がいます。
これはひとつにはもっと強いものを使わないといけない場合と本当は炎症ではない場合 があります。
炎症性ではない場合にはどんなに炎症止めを飲んでも効きません。

そんな時に炎症性なのか冷えなのかはお風呂に入って楽になるものは
冷え(血行不良性)による痛みであると考えてよいと思います。

実際には複雑な痛みの作用機序をもったリュウマチ性の痛みなどもありますが
血行不良性の痛みに対しては中国医学が活躍できる範疇になることが多くあります。

簡単な鑑別法なので思い当たる方はやってみてください。
そして早く痛みから解放されるよう適切な処置をして欲しいと思います。




健康食品
中医学
漢方相談室
     
     
     
     
   

 

  【 栄貫堂薬局お問合わせ先 】  郵便番号 : 184-0011  住所 : 東京都小金井市東町4-42-25 ( JR中央線東小金井駅南口すぐ前 )
営業時間 : 9:00〜20:00  定休日 : 日曜・祝祭日  TEL : 042-381-7026  FAX : 042-384-2195 E-Mail : info@eikandou.com

栄貫堂薬局・清瀬店 お問合わせ先 】
郵便番号 : 204-0022  住所 : 東京都清瀬市松山1-23-10 ( 西武池袋線清瀬駅南口ふれあいどおり商店街 徒歩3分 )
TEL : 0424-93-0424 FAX : 0424-93-9399

 
|  純 中 国 漢 方  |  健 康 食 品  |  中 医 学  |  漢 方 相 談 室  |  会 社 案 内  |  H O M E  |
Copyright(c). 2003 栄貫堂薬局.All rights reserved.presented