中医学 純中国漢方 健康食品 漢方相談室
 
栄貫堂薬局ホームへ
純中国漢方   中医学

1:太っている人は食べている 11:冷え性は温める 21:腰痛は治らない 31:更年期障害のでやすさは
  わからない
2:胃腸薬で胃腸は良くなる 12:老化現象は治らない 22:のどの痛みにイソ○ン
32:浮腫んだときは利尿剤が
  よい
3:ウコンの嘘ホント 13:精力剤で精力が蘇る 23:耳鼻科で耳鳴りの治療 33:発汗異常(T)
4:お酒の解毒剤について 14:最高級クリームは
  素人には作れない
24:セックスはする、しないを
  コントロールできない
34:発汗異常(U)
5:便秘薬は治療薬 15:出産の適齢期は結婚
  したい時
25:ハゲを予防する食べ物
  はない
35:発汗異常(V)
6:カラ咳に咳止めの薬 16:妊娠と生理の問題は
   ホルモン治療で
26:男性不妊症は治らない  
7:健康回復の為に 17:西洋医学は万能  27:体の栄養状態は治らない  
8:皮膚の赤みは外用剤で 18:風邪に葛根湯が効く 28:漢方薬と新薬を併用
  できない
 
9:抗生物質は万能薬? 19:病人はどんどん減って
   いる
29:糖尿病にはインスリンで
  大丈夫
 
10:疲れたら栄養補給 20:痛みは全て炎症 30:口内炎の原因は
  分からない
 


ハゲを予防する食べ物はない

一昔前のある医事評論家の先生はハゲの予防対策を以下のように記している。

すなわち

  1. 帽子のきついのをかぶらないこと。
  2. 日光紫外線の直射にさらさないこと。
  3. 8時間睡眠をとること。
  4. 安い櫛を使わないこと。
  5. 汚い爪でガリガリ引っ掻かないこと。
  6. 週に洗髪は1回にすること。
  7. 時々良質の植物油をすり込むこと。
  8. レバー、チーズ、卵、豆、貝類、小魚類を多くとること。
現在のハゲの予防には些か不十分な気がするが、 これらは栄養不足の時代にハゲになる人を想定してのことのようです。

時代が変わればハゲの原因も変わり、現在では栄養過多でストレスにより脂腺の分泌が盛んになり、
毛穴に脂がメズマリを起こして血行が遮断されることが多いようです。
頭皮の血行を促すために各製薬会社が躍起になっているのはこのためです。
ハゲは外用剤で予防線を張っておくことは非常に重要ですが、 原因となっている脂腺の亢進を緩和することと
頭皮に分泌された脂をいかに浮かせて毛根にメズマリをさせないかということが重要であります。

私達の提案するハゲ撃滅作戦ではまとめると
  1. 神経の緊張を取り除くために運動をしてお風呂で頭皮にいつも温感と寒感の感覚を味あわせること。
  2. 食べ物は香辛料系や肉類よりも豆類、魚を多くした食べ物である和食の形式にすること。
  3. 夜更かしをしないでなるべく睡眠時間をきちんととること。
  4. 頭皮の脂を浮かせるものを使ってその際に頭皮のマッサージをすること。
  5. 安い櫛を使わないことです。
人間の大脳の興奮は抹消血管を収縮させるのでイライラしやすいと、毛根に栄養がいかなくなります。
よって精神の安定が絶対必要です。
頭皮の脂を浮かせるものは、私達の薬局においてありますので来店時にお申し付けください。



健康食品
中医学
漢方相談室
     
     
     
   

 

  【 栄貫堂薬局お問合わせ先 】  郵便番号 : 184-0011  住所 : 東京都小金井市東町4-42-25 ( JR中央線東小金井駅南口すぐ前 )
営業時間 : 9:00〜20:00  定休日 : 日曜・祝祭日  TEL : 042-381-7026  FAX : 042-384-2195 E-Mail : info@eikandou.com

栄貫堂薬局・清瀬店 お問合わせ先 】
郵便番号 : 204-0022  住所 : 東京都清瀬市松山1-23-10 ( 西武池袋線清瀬駅南口ふれあいどおり商店街 徒歩3分 )
TEL : 0424-93-0424 FAX : 0424-93-9399

 
|  純 中 国 漢 方  |  健 康 食 品  |  中 医 学  |  漢 方 相 談 室  |  会 社 案 内  |  H O M E  |
Copyright(c). 2003 栄貫堂薬局.All rights reserved.presented