中医学 純中国漢方 健康食品 漢方相談室
 
栄貫堂薬局ホームへ
純中国漢方   中医学

1:太っている人は食べている 11:冷え性は温める 21:腰痛は治らない 31:更年期障害のでやすさは
  わからない
2:胃腸薬で胃腸は良くなる 12:老化現象は治らない 22:のどの痛みにイソ○ン
32:浮腫んだときは利尿剤が
  よい
3:ウコンの嘘ホント 13:精力剤で精力が蘇る 23:耳鼻科で耳鳴りの治療 33:発汗異常(T)
4:お酒の解毒剤について 14:最高級クリームは
  素人には作れない
24:セックスはする、しないを
  コントロールできない
34:発汗異常(U)
5:便秘薬は治療薬 15:出産の適齢期は結婚
  したい時
25:ハゲを予防する食べ物
  はない
35:発汗異常(V)
6:カラ咳に咳止めの薬 16:妊娠と生理の問題は
   ホルモン治療で
26:男性不妊症は治らない  
7:健康回復の為に 17:西洋医学は万能  27:体の栄養状態は治らない  
8:皮膚の赤みは外用剤で 18:風邪に葛根湯が効く 28:漢方薬と新薬を併用
  できない
 
9:抗生物質は万能薬? 19:病人はどんどん減って
   いる
29:糖尿病にはインスリンで
  大丈夫
 
10:疲れたら栄養補給 20:痛みは全て炎症 30:口内炎の原因は
  分からない
 


抗生物質は万能薬?

近年、お医者さんからもらう薬に抗生物質が圧倒的に多いことは、皆さんもご存知であると思います。
抗生物質の効果を、一般の人が過剰に評価しすぎる傾向があることも事実です。

この薬は、あくまでも細菌に対してしか有効でないことも当たり前の事実なのですが、
ウイルスに対しては、効かないことも知っておいて欲しいものです。
この抗生物質普段から常用していると思わぬトラブルに合うことがあります。

抗生物質は、人間の腸内細菌群も殺してしまうので、
腸内環境を変えて、本来罹るはずもない日和見感染に罹ってしまう危険性が出てきます。
(カンジダなど)また細菌は自分を変化させる力を持っている為に、
通常は抗生物質が効くはずなのに、ここぞという時に効かなくなる危険性をはらんでいます。

抗生物質を使うことで、困って来店されるケースでは、
カンジダ、下痢が止まらない、風邪が長引くなどが殆どです。
やたらに、抗生物質を服用することよりも自分自身の体質を検証することで、
どのような対応をとってよいのかを考えてみて、
風邪の初期に、どのような漢方薬を使うと初期のうちに治まるかを、
知って頂くことは、非常に重要なことであると思います。

私達の薬局では、風邪の初期には、お客様に必要な情報を教えて頂き、
原理を説明して、その方に必要なものを置くようにして頂いております。
わからないことは、電話で聞いて頂ければ良いので、よく電話がかかってきます。

健康食品
中医学
漢方相談室
     
     
     
     
   

 

  【 栄貫堂薬局お問合わせ先 】  郵便番号 : 184-0011  住所 : 東京都小金井市東町4-42-25 ( JR中央線東小金井駅南口すぐ前 )
営業時間 : 9:00〜20:00  定休日 : 日曜・祝祭日  TEL : 042-381-7026  FAX : 042-384-2195 E-Mail : info@eikandou.com

栄貫堂薬局・清瀬店 お問合わせ先 】
郵便番号 : 204-0022  住所 : 東京都清瀬市松山1-23-10 ( 西武池袋線清瀬駅南口ふれあいどおり商店街 徒歩3分 )
TEL : 0424-93-0424 FAX : 0424-93-9399

 
|  純 中 国 漢 方  |  健 康 食 品  |  中 医 学  |  漢 方 相 談 室  |  会 社 案 内  |  H O M E  |
Copyright(c). 2003 栄貫堂薬局.All rights reserved.presented